ハノイごはん

ハノイ ローカルのパリパリBánh Xèo

こんにちは。ナツコです。

ハノイにはバインセオが食べられるお店が少ないように思います。もともとベトナム中部や南部で食べられる料理のようです。

そんなハノイにも、地元民で賑わうバインセオ屋さんを見つけたのでご紹介します。

「Bánh Xèo Sáu Phước」

お店はオペラハウスからホン河の方向へ向かった先の、Cầu Đất 通りにあります。

外観

大きく「Banh Xeo」と書かれている看板が目印。

平日のお昼前に行きましたが、すでに店内は地元客でいっぱいです。少し待ち、入ることができました。

店内

4人がけテーブルが10卓ほどあります。

2〜4名で来ている人が多いので、一人だと少し寂しいかも。そして混んでいる時間帯は一人だと相席になります。

2階に登っていく人もいたので、2階席もあるのかもしれません。

メニュー

バインセオ1.2万ドン(=約60円)は二つから注文できるようです。

「Nem lui」というのは豚肉のつくね串のようなもの。こちらも一緒に注文している人が多かったので頼んでみることに。

揚げたてパリパリのバインセオ!

たった今揚げ焼きにされたばかりの熱々パリパリバインセオ!

皮は黄色をしているので卵のように見えますが、ターメリック色をした米粉の薄い皮です。中身はもやしや豚肉、エビなどがたっぷり

右上に見えるライスペーパーに、ハーブと一緒に包んでいただきます。甘酸っぱいヌックチャムのタレは、テーブルにある調味料で自分流にアレンジOK!

ライスペーパーに包まれたパリパリのバインセオとたっぷりのハーブ、ヌックチャムのタレ、全てのコンビネーションが抜群でとっても美味しい!!

まとめ

ハノイでもこんなに美味しいバインセオを食べられるなんてハッピー!自分で一つ一つ包んで食べるのもなんだか楽しいですよね。

お昼時は混雑するので少し待つのを覚悟で行くか、時間帯をずらしても良いかもしれません。

一人客はいなかったので、ぜひお友達を誘って行ってみてくださいね。

【MAP】